梅雨の合間に

関東地方も梅雨入りした。6月11日、小降りになったのを見計らい釣行。思いのほか増水はなく、渇水のまま。川見しながら最上流の入渓点まで来てしまった。午後4時過ぎていた。
IMGP4154.jpg
透明度が高いうえ浅い。エリア用タックルをチョイス。ロッド;62SUL、ライン;ナイロン4lb、リール:C2000HGS、ルアーはスプーン2.5gアカキンを選択。ドラグを念入りに調整。数投するとヒット! ジャンプとともにドラグが鳴る。
IMGP4152.jpg
ヒレピンとは言い難いがバランスの良い魚体。37cm。
IMGP4153.jpg
続いて釣れたのも37cm。似たような魚体。
IMGP4155.jpg
サイズは同じようなもの。非常に幅がありパワフルな引きで楽しませてくれる。
IMGP4157.jpg
ランディングネットは使わず引き寄せて、リリース。
IMGP4158.jpg
かなり鱗が剥げている。もしかしたら最近誰かに釣られたのかも。
IMGP4159.jpg
幅広45cm。本日のビッグワン。
IMGP4160.jpg
一見ヤシオマスかと思える赤い側線が印象的。
IMGP4161.jpg
30cmそこそこだが、白銀の綺麗な一匹。
IMGP4164.jpg
下流部へ移動。ここも透明度が高く浅いが少し流れがある。3.5gのスプーンでダウンクロスに攻める。
IMGP4162.jpg
似たようなサイズ。
IMGP4163.jpg
体高の有る35cm。あっという間に2時間が過ぎた。まだ明るいが帰りの時間もあるので納竿とした。

鬼怒川に鬼ヤマメを求めて(そのⅡ)

6月3日早朝通いなれたポイントに降り立つ。
IMGP4122.jpg
季節の進のは早い。5時前なのに山肌に日が差している。アップクロスぎみにシンキングミノー9cmアユカラーで攻めるも不発。
IMGP4123.jpg
堰堤下の細かいポイントもチェックするが追いは見られなかった。
IMGP4124.jpg
一番メジャーなポイント。下流のトロ場にはフライマンが居た。淵頭周辺をルアーチェンジを行いながらくまなく攻めるが追いはない。
IMGP4127.jpg
鬼ヤマメの付きそうな荒瀬。対岸寄りをミノーをステイさせ、流心の底を大型スプーンでトレース。今の技術では目の前をドリフトできてないのかも。餌釣りなら釣れるかもと脳裏をよぎる。
IMGP4130.jpg
比較的浅い石の効いた荒瀬。盛夏に狙ってみたいポイント。今回はパス。
IMGP4134.jpg
淵尻の石の頭を舐めるようにスプーン4.8gをダウンクロスで攻めるとヒット!
IMGP4132.jpg
狙いからするとあまりにも小型な23cm。ネイティブなのか?尾びれが3角形に尖ってない。支流から落ちてきたヤマメかもしれない。
いずれにしろ、鬼怒川本流での初ヤマメ。ネットはサクラマス用なので写真では更に小さく見える。
IMGP4136.jpg
その後も1級ポイントを攻めたが反応は見られなかった。兎に角姿を確認するまで通い続けるしかない。


会津のスーパーヤマメ

福島県会津地方でスーパーヤマメが放流されているとの情報を得たので6月2日実物を確認すべく出かけてみた。明るくなるのも早くなってきたので4時前には入渓点に到着。支度をして4時半前には渓に降り立つ。
IMGP4098.jpg
先行者が1名居た。挨拶して下流へ釣り場を求める。
IMGP4097.jpg
淵尻から瀬に繋がるポイント。タックルはロッド7.1f、ライン:ナイロン8lb、ルアー:スプーン4.8gのアカキン選択して釣り開始。すぐ追いは見られたのだがバイトしない。まだ薄暗いので黄色の蛍光色に変えみた。するとすかさずヒット。
IMGP4096.jpg
これがスーパーヤマメか!尾びれも整ったパーマークもあるオス。ジャスト30cm。
IMGP4101.jpg
次に来たもの尺オーバーだが、バランス的には頭部が大きい様な気がする。
IMGP4103.jpg
尺は少し切れているが、グリーンがかった背がキレイな一匹。
IMGP4105.jpg
尺はあるが、頭部が大きく魚体としてはイマイチ。
IMGP4104.jpg
瀬片は殆ど攻めたので、瀬の中の緩流帯をダウンクロスで狙う。
IMGP4106.jpg
幅のあるオス。33cm。
IMGP4107.jpg
更に体高のあり尾びれも綺麗な尺オーバー。
IMGP4110.jpg
これは天然もの。ヒレピン白銀の27cm。
IMGP4109.jpg
渓に日が差し始めると当たりが遠のいた。7時半、夢中で気が付かなかったが、上流を見ると7名、下流には1名の入渓者。上流はすべてルアーマン。下流は餌釣り師。勝負があったようだ。一段下の淵を攻めるも追いは見られなかった。8時半に納竿。
IMGP4118.jpg
11匹ヒットして2匹バラシ。友船には9匹、内7匹尺オーバー。規定の5匹をキープ。ビッグワンは35cm幅広のオス。スーパーヤマメと言ってもよいだろう。第2ラウンドは、前回案内していただいた上流部を目指す。
IMGP4119.jpg
午前10時、入渓点には全て車が・・・。仕方なく車があるのを承知で降りていくとルアーマン2名と一目でベテランと判る餌釣り師に会う。餌釣り師の方と情報交換。解禁から毎週通っているとのこと。地元の人ならではの参考になることばかり。お陰で次の目標も定まった。

鬼怒川上流部の釣り

5月28日、鬼怒川上流部の大型レインボーも本格的に釣れ始めたようなので釣行した。朝一は最上流部のイワナヤマメの混成地域にエントリー。
IMGP4065.jpg
タックルは5.2f、ライン4lb、5cmミノー。アップで攻めるも追いが見られない。足跡だらけで渇水の中連日攻められているようだ。1時間ほどで退渓し、三依C&R区間へ移動。第一候補には車があったので第2候補から入渓。減水で足跡も多い。厳しい釣りとなりそうだ。
IMGP4067.jpg
アユ放流の情報を得ていたのでアユカラーに替えアップクロスでトゥイッチを掛けるとヒット。
IMGP4066.jpg
天然と見まごうばかりのヒレピン。8寸級のオスヤマメ。
IMGP4070.jpg
開けているので追い込まないように出来るだけ下流からキャスト。追ってくるのが見えた。
IMGP4069.jpg
20cmに満たないがネイティブな一匹。
IMGP4072.jpg
前回来たときはスプーンでダウンクロス攻めてヒットした場所。今回はミノーでアップクロスに狙う。
IMGP4071.jpg
尾びれの具合からすると放流物と判るが銀ピカな魚体が印象的。更に上流を目指すと釣り人の姿が・・・。更に下流へ移動することに。
入渓したのはメジャーなポイント。先行者は居ない。タックルは7.1f、ライン7lb。大型を意識して9cmのミノーをキャスト。流れの対岸をクロスに投入し、スティしてトゥイッチを掛けると水しぶきを上げヒット!!一目で50オーバーと判る。しかし引き寄せている最中にラインブレイク。ドラグ調整が不十分だった。その後ミノーを外そうとしたのか数回飛び上がった。残念だが仕方ない。
IMGP4077.jpg
場所を変え支流の流れ込みを7cmのミノーで攻めるとヒット。
IMGP4074.jpg
慎重に取り込んだのは42cmの回復系のレインボー。
IMGP4076.jpg
パワーのあるメスだった。川治C&Rは渇水でルアーには不向きなので見送り更に下流へ移動。途中昼食を取り店を出るとかなりの雨。公園の駐車場で一寝入りし、ポイントへ向かう。
IMGP4078.jpg
60オーバーの実績のある場所だが本日は不発。やはり大型は警戒心が強く朝一でないと追わない。日中は深場に隠れているのだろう。再チャレンジを誓って本日は納竿とした。

田川 ヤマメ特設釣り場

5月26日~27日間、鬼怒川漁協管内の田川においてヤマメ特設釣り場が開設され、内26日はルアーフライ専用区間が出来るというので出かけてみた。7時前に着いたところ、漁協が入漁券販売のため臨時テントを設営していた。入漁料は1000円で3日間可能。
IMGP4058.jpg
この辺りは田んぼの中を流れており凡そ渓流釣り場とは思えない。上流部に餌釣り区間、下流部がルアーフライ区間となっていた。
IMGP4059.jpg
下流に堰がありプールとなっている。まるでバスフィッシングのポイントの様。
IMGP4060.jpg
8時過ぎ、見慣れた鬼怒川漁協の放流車がやってきてバケツで4杯づつ2箇所放流した。40cm級もいたので40~50匹程度か?川幅10~20m、150m近いプールなので、魚は何処に行ったのが分からない。近くにいた2名グループと情報交換。話によると昨年までは5m間隔位で釣り人が居て、殆どが2~3匹午前中に釣って終わりにしたとのこと。区分けされたのは今回初めて。またルアーマンが5名しか居ないのも信じられないとの話。事実彼らは昼前に納竿した。タックルはサクラマスに照準を合わせロッド7.1f、ライン7lb、5cmのミノーアユカラーを選択。9時の花火を合図に釣り開始。いきなり大型ニジマスがヒット。上手の二人組もヒットした。足場が傾斜のある護岸なので取り込みに苦労する。また友船に入れ損じたのも2匹居た。
IMGP4061.jpg
昼過ぎると釣り人は殆ど居なくなった。
IMGP4063.jpg
サクラマスは4匹掛けて、41、38cmの2匹取り込んだ。美しくないのが残念。他にニジマス3匹とヤマメ1匹釣った写真を撮ろうとは思わなかった。ある釣り場で会った人に田子倉湖で釣り上げた56cmのサクラマスの画像を見せていただいた。大きさ美しさを兼ね備えてなければ意味ないと思った。

 | ホーム |  次のページ»»