最終釣行

 日帰り可能な範囲では、私の知るところ一番遅いところで9月末で禁漁になる。いつもお世話になっている釣り具屋さんに挨拶を兼ね吉野川水系に9月27日最終釣行した。
 まずは、通いなれた支流に入渓する。今年初めてである。かなり渓相が変わっている。砂が流されよいポイントが出現している。結果は、木っ端から8寸級まで釣れ、来年もそこそこ期待できると感じた。
IMGP1495.jpg
 こまめに探るとこんなポイントで頻繁にあたりがある。
IMGP1496.jpg
 尾びれの朱が印象的な天然魚。15cm未満の来年が楽しみな魚体。即リリース。
IMGP1498.jpg
 大場所では、沈み石の周りをしつこく流す。
IMGP1500.jpg
 秋色に染まった8寸級が出た。抱卵している割には細い。尾びれが非常に大きい。
IMGP1501.jpg
 同じポイントで釣れたがこれはまだ盛夏の魚体。
IMGP1503.jpg
 水深の浅い瀬は、オモリを軽くして出来るだけ遠くから攻める。
IMGP1504.jpg
 6寸級が多い。
IMGP1505.jpg
 沈み石の多い鉄板ポイント。淵尻。手前。対岸とセオリー通り流す。
IMGP1506.jpg
 幅広の7寸級が上がる。
IMGP1508.jpg
 第1ラウンドは、9匹だった。
 更に、下流へと移動し、第2ラウンドを行ったが、すぐ先行者があり、1匹で終わる。
 期待は薄いが来年を占う意味でも本流を攻めてみることにした。
IMGP1509.jpg
 タックルは、80-85の竿に0.3号の通し仕掛、ハリは9号を選択。尺上に備える。
IMGP1510.jpg
 しかし、結果は、尺ハヤに混じってギンケっぽい7寸級が釣れた。
IMGP1511.jpg
 このポイントからは2匹しか出なかったが、居ることは確認できたので来年期待持てそう。
 今年は、これで最終となるが、まだ納竿するわけではない。なにしろ管理釣り場の入漁券が5枚あるのだから。管理とはいえ天然河川。晩秋から初冬にかけてのアマゴ釣りはどうなのか楽しみである。
スポンサーサイト

野迫川アマゴ釣り大会

19~20日野迫川でアマゴ釣り大会があったので参加した。野迫川村観光局・野迫川村漁協・大股漁業生産組合が主催してホテルのせ川と民宿かわらび荘が協賛するという地域活性化プロジェクト。この企画、ホテルに一泊して2日管理で釣りして、夜と昼の懇親会での地元料理のもてなしとかなり盛りだくさん。どう考えてみても参加料10560円とは安い。しかし、参加してみてその理由が分かった。自分たちの出来ることを自分たちの手でやるという熱意と工夫が可能にしていた。
 
19日は13時集合とのことだが下見を兼ねて早めに着くようにした。7時と、ちょっと早すぎたので弓手原にキリクチを見に寄った。
IMGP1431.jpg
岩魚の南限地を説明する掲示板があった。大学釣倶楽部の先輩である白石勝彦氏著書「イワナの顔」にこの谷の記述がある。氏はこの中で風前のともしび、保護を強く呼びかけている。今回は居そうな場所を見て歩いたが魚影はなかった。下流でもたまに釣れることがあるようなので、是非出会ってみたいものだ。

 次に大会会場となる釣り場を下見する。ルアー・フライの釣り場と餌釣り場とに分かれている。
IMGP1432.jpg
素晴らしい渓相である。餌釣り区間のみ階段状の流れとなっている。
下流側には滝があるその下は大きな淵となっている。
IMGP1433.jpg
これならポイントが分かりやすく初心者でも釣りやすい。

かわらび荘に立ち寄ると放流はこれからするとの話。さっそく組合の養鱒場に積み込むところを見に行く。
IMGP1440.jpg
魚体の大きさが分かればおのずとタックルも決まってくる。ゆえにどうしても事前に確認したかった。2年魚とのこと。8寸から9寸近い魚ばかり。解禁の放流魚と比べると格段に大きい。太っていて尾びれもしっかりしていて天然と見紛うばかり。生産組合のレベルの高さに感心する。
IMGP1446.jpg
バケツ一杯で30~35㎏、6杯ほど積み込んだ。
車の後を追って、どの場所にどれだけ放流するのか確かめた。かなりこまめに放流している。これなら場所の差はさほど発生しない。しかし、放流する人にとっては重労働だ。釣り場つくりの熱意が感じられた。
大会は13時から、初めに主催者の挨拶、そしてルアーと餌釣りの講師の紹介があった。
IMGP1450.jpg
今日は試釣り。講師に教えを乞うつもりもないので、すぐ実釣することに。最上流にある堰堤下へと向かった。タックルは6.2の中硬調の竿。通し仕掛の0・3号、ハリは8号を選択。オモリは状況に応じて使い分ける。いきなり9寸級が来た。
IMGP1453.jpg
場所により以前放流したと思われる6~7寸級も混じる。イワナも釣れた。残念ながらキリクチの特徴は感じられなかった。
3時間程度の釣りだったが、50匹程度で引き船が満杯となり弱ってしまった魚もいた。大型で元気の良い物だけ一か所に放流してきた。明日再度釣るつもりだ。
IMGP1455.jpg

 ホテルでの夕食後、地元学校の跡地で懇親会が開催された。巨大アマゴの刺身はなかなかおいしかった。聞けば4年魚とのこと。こんな大きいやつを放してほしいと頼んだが、産卵後は死んでしまうそうだ、残念。次回は3年魚でよいから数匹放してほしいと思った。大物釣りは釣師の夢なのだから。揖保川では40cm級のアマゴを放流しての釣り大会がある。100人以上が押し掛ける。是非野迫川でも実現し欲しい。要は度肝を抜くような話題性ある企画が人を集めるのだ。
 懇親会では他に名産のわさび、わさび大福、イモ餅、饅頭(見知らぬ葉っぱに包んであった)大吟醸叔母子岳が振舞われた。また、参加者全員自己紹介を行った。小生の番になりブログサイトを紹介すると見ているとの声が上がった。明日の釣に少々プレッシャーがかかった。

20日は、8時から大会が開催された。昨日あれから追加放流をしたとのこと。それを聞いて堰堤の下から攻めることにした。昨日より少し減水している。自分で釣って放流した魚は流れのへちの寄っている。餌を流してみても食いが悪い。かなりすれてしまってもくろみ通りいかない。10匹程度釣ったところで、堰堤直下のポイントに移動。すぐに入れ掛かりとなる。尺近い型が釣れる。しかし、10匹ほど釣ったところで当たりが止まった。下流へ移動するも入れ食いで釣れるが大型はこない。まだ1時間近くあるが納竿した。
IMGP1456.jpg
2匹の大きさで競うとのこと。検寸すると30cmと28cm。重量は465gだった。結果は1位となった。ブログを公表した手前正直ほっとした。
IMGP1469.jpg
1位の賞品は、管理釣り場の1日釣り券が5枚、これでは、また来ない訳にはいかない。主催者も考えたものだ。致し方ない。

昼食は、イノシシのBQと野迫川産そうめん、そしてアマゴの塩焼きと豪勢。イノシシの焼肉は塩コショウと焼肉のたれで食す。以外に癖もなく大変おいしかった。
IMGP1462.jpg
皆さん満足した様子。
IMGP1463.jpg
昼食後も釣りしてよいとのことなので、最下流部をゼロ釣法で釣ってみた。
IMGP1464.jpg
しかし、すれてしまった魚は入れ食いとはいかず。1時間で10匹ほど釣ったところで集中力が途切れた。
IMGP1467.jpg
滝壺の下の淵もあたりもなかった。入漁券が手に入ったので、今度は最下流から攻めてみたい。
また、来年も同様の企画をしていただきたい。楽しみに待っています。勿論2連覇を狙っています。



秋雨釣行

久方ぶりの天川釣行。季節は進んで朝方の気温は16度、そのうえ秋雨なので肌寒い。
上流部の入渓予定点には釣り人が準備中だった。仕方なく下流のつり橋から入渓する。
頻繁にアタリがあるが木っ端ばかり。高価なブドウ虫の消費が激しい。
IMGP1416.jpg
やっと15cm級が釣れた。
IMGP1415.jpg
こんな1級ポイントでこれだと期待が出来ない。入渓しやすいところなので場荒れも激しい。
第1ラウンドはこれで終了した。
IMGP1417.jpg
第2ラウンドは、道路からかなり離れている場所を選択。水量はかなり多めである。渡渉がちょっと心配。
IMGP1418.jpg
8寸級の太った天然ものが来た。婚姻色が薄っすらと出てきている。秋を感じる1匹だ。
IMGP1419.jpg
瀬の流芯から流し駆け上がりのところで来た。盛期とは明らかに違う。子が大分大きくなってきたので早い流れには留まれないのだろう。
IMGP1421.jpg
これはまだ盛期の姿。尾がきれいなのが印象的。
IMGP1422.jpg
途中沢山のとちのみが落ちていた。山も秋になってきている。この辺の人は栃餅も作る。村の物産コーナーで販売していたのを思い出した。
IMGP1425.jpg
これも8寸級だが、同じように婚姻色が出てきている。
IMGP1424.jpg
駆け上がりの緩やかな流れより出た。
IMGP1426.jpg
かなり降ってきた。増水すると渡渉できなくなるので納竿することにした。無理は禁物だ。
第3ラウンドは、支流の目指す。
IMGP1427.jpg
22~23cmの幅広である。
IMGP1428.jpg
こんな淵から出た。まだ魚が見えるがすれているのかこの1匹で終わりだった。
ますます雨が強くなるので、本日はこれにて納竿とした。



 | ホーム |