猪名川渓流管理釣り場

雪や凍結の心配がなくて自然渓流でアマゴが釣れる管理釣り場はないものかと探していたらそれらしきところが見つかった。猪名川漁協の管理だが電話も携帯でかなりマイナーな感じ。取あえずナビを設定して行ってみた。
IMGP1622.jpg
 看板と小屋はあるが、9時だというのに監視員がいない。携帯に電話したらしばらくして見えた。
 釣り人は日曜日に関わらず小生1人。2000円の入漁料を支払って釣りを開始する。
IMGP1623.jpg
 渓相はまずまずだが、川底が汚れている。上流部に人家が多いことが伺える。水通しのよいところを集中的に攻めるも当たりすらない。魚影も見えない。朝方鵜が居たので放流魚は全て食べつくされたのか?
 IMGP1625.jpg
 待望のあたりがでた。合わせると動かない。鵜もしり込みするような大型のニジマスだ。
 6.2mウルトラライトのロッドに0.15号の通し仕掛。ハリは6号。無理は出来ない。しばらくすると下流の深場へと下った。
10分以上やり取りしていたが最後はハリ外れとなった。残念。
IMGP1624.jpg
先に堰堤が見えたが、釣り場はそこまでだった。
帰りに監視員より2月6日に釣り大会を行うとの説明を受けた。1匹の大きさで競う。賞品はアマゴ料理の食事券。力は入らないが行こうと思って準備をしている。
IMGP1630.jpg
あのニジマスはまだいるだろうか。そのリベンジの方が気になる。
 

スポンサーサイト

初詣

2日、初詣に出かけた。以前大阪市内に居た時は住吉大社だったが、堺に引っ越してからは大鳥大社に詣でている。
IMGP1610.jpg
住吉大社に比べるとさすがに人出は少ない。
IMGP1611.jpg
列の最後尾から15分程度で参拝できた。
IMGP1615.jpg
札所はさほど混んでいなかった。
IMGP1616.jpg
昨年の物は引き取ってもらい家内安全の御神符と車に吊るす交通安全のお守りを買う。
IMGP1620.jpg
釣り人用のお守りが見当たらないので聞くとないとの話。住吉大社にはあったのだが残念。
ところでこのお守りとお札、去年の物と今年の物と全く識別が付かない。
商売的には在庫管理も楽・・・。
そう考えてはご利益もなくなりそうなので、深く追求することはやめておこう。

 | ホーム |