一番高い釣り道具

車は私にとって一番高い釣り道具である。より早く、より安全に、より快適に、よりポイントの近くまで。優先順位はともあれ、これを満たすものとしてスバル車を乗り継いできた。1年半ほど前、アウトバック3.0R L.L.BeanからフォレスターTXアイサイトVer2.0に乗り換えた。
IMGP2315.jpg
水平対向6気筒から4気筒ターボへとなったがパワー不足を感じたことはない。車高が2cm高くなったので悪路走破性は上がった。重心が上がるのを避けたかったのでルーフキャリアやレールは付けないようにした。
IMGP2309.jpg
大きく変わった点の1つに安全性機能がある。アイサイトというやつだ。スバルのデータによると61%衝突事故が減ったそうだ。私も3車線道路で追い抜きを掛け、渋滞でやめる羽目のなり危うく追突しそうになった時、この機能が働き助かったことがある。
IMGP2310.jpg
9月にドライブレコーダーも取り付けた。交差点での事故など検証に役立つ。
IMGP2311.jpg
スバルの純正部品である。運転を始めると「トライブレコーダーが作動します」と音声案内が流れる。これを聞くと注意しなければと思う。
IMGP2312.jpg
後部荷物室は容量に不足はないが、トノカバーはオプションだったのとルームライトがないのが気に食わない。しかし、電動リアゲートは釣り場から帰ってきたときなど重宝する。
IMGP2319.jpg
釣り場までは近場でも片道2時間近くかかる。中国古典のCDを聞いている。菜根譚、孫子・韓非子・論語・貞観政要など。ロングドライブとなることが多いが少しも退屈ではない。しばらくこの車で満足だが、次はキャンピングカーが欲しい。

スポンサーサイト

 | ホーム |