古老の釣師

7月23日第2回目の放流のあった野迫川に釣行した。20日漁協の組合長に電話して確認すると22日の夕方に放流するとの話。大股橋のたもとには4時前に着いた。しかし、先行者が居た。聞くと親戚2名後から来るのでその人の分も場所確保するとのこと。後から来る人に79歳の老人もいるらしい。しかたなく、買い物籠が3つ置いてあるその下流部へ入らせてもらうことにした。ここは流れが緩く、釣り方が難しい。4時45分には目印が見えるようになった。かなり魚影が見える。タックルは7.5mの竿。0.2号の通し仕掛、ハリ7号、ガン玉3号、ブドウ虫で釣始める。バラシも多いがそれなりに釣れ続く。6時近く、小生の目の前を渡渉し上流側にある大岩に乗ろうとしている人がいる。「ちょっといい加減にしてよ」と怒鳴るも知らん顔。あきれてものも言えない。当然あたりは無くなった。小休止して仕掛を0.15号に張り替えハリも5号にオモリも5号に落とし、下流側のかけ上がりを狙う。しかし、9寸級も居りハリス切れも出る。大石に陣取った老人は大オモリで止めの釣り。たぶん糸もハリも大きいのだろう。殆ど釣れてない。
IMGP1927.jpg
暑くなってきたのでレインジャケットを脱ぐのに併せ第1ラウンド終了。爺さんのせいもあって、25匹で終わる。
周辺を確認すると20名近い釣り人がいる。ここは諦め、上流へと移動。
IMGP1929.jpg
放流してない区間では、7寸級のヒレピンが来る。
IMGP1928.jpg
渇水なので、流芯をドラグドリフトで狙った結果。後はこのような場所を求めてどんどん遡る。
途中で放流のあった場所にも出くわす。しかし、2~3匹釣ると後が続かない。更に遡ると2人組の釣り人に出会う。放流点で朝から粘っているようだ。網ビクには10匹位入っていた。更に上流へ歩を進めるとまた釣下ってきた人と出会った。これ以上は釣られた直後を釣ることになるので終了とした。
IMGP1930.jpg
だ2ラウンドの結果は、14匹。天然と成魚放流が半々だった。
まだ、昼前なので、もう一度大股橋の所へ戻ると朝一で場所取りしていた方に出会った。老人の件で申し訳ないと謝られた。その時はっと気づいた。話に聞いていた79歳の人だったのだ。自分もあの歳になれば、ボケて足腰も弱くなり、ああなるのかな。途端に自分の将来の姿を見た気がして、「気にすることはありませんよ。そこそこ釣れたし」と答えていた。身体と頭脳の衰えの問題。常日頃、自分が永く釣りをするため如何に克服していくかを考えいたが、他人ももっとやさしくしていかなければならないと思った。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ed081485.blog.fc2.com/tb.php/109-615e966b

 | ホーム |