夏の終わり

8月28日、夏休みの最終日曜日、水遊びの客でにぎあう天川に釣行した。まずはヒラタのつき場を探したが小型しかいない。仕方なく6時半頃ブドウ虫で釣り開始。水温19.4度。木っ端の次にまずまずの型が釣れた。
IMGP2017.jpg
尾びれのきれいな20㎝級の雄。
IMGP2019.jpg
しかし、木っ端やハヤ、カワムツなどで次がこない。
IMGP2020.jpg
こんなのが多いということは、来年も期待できるということ。
IMGP2022.jpg
次にきたのは、明らかに成魚放流の残りと思われるやつ。8寸位ある。
IMGP2023.jpg
白泡の切れ目できた。
IMGP2024.jpg
第1ラウンドは、ブドウ虫を1パック近く使って3匹のみ。いかに木っ端と外道が多いか。
IMGP2025.jpg
第2ラウンドは、少し上流へと移動。しかし、川底には青藻が多い。出水してない証拠。
IMGP2026.jpg
やっと22~23cm位のが釣れた。
IMGP2029.jpg
これも同じようなサイズ。
IMGP2030.jpg
これも似たサイズ。幅広が出ない。
IMGP2031.jpg
荒瀬のなかから出た。
IMGP2033.jpg
20cm位だがきれいな魚体。
IMGP2034.jpg
第2ラウンドは、2時間近く費やし、4匹。ここまででブドウ虫は2パック費やした。
IMGP2037.jpg
第3ラウンドは、更に上流の川遊びの人20人位いる大きな淵の流れ込みを狙う。
なかなかあたりが出ない・・・。立ち位置を上流に変え、流心を流す。
IMGP2036.jpg
これぞ夏アマゴ。25cmオーバーの幅広のオスが出た。竿さばきをみて水遊びの人の注目をあびるなか、会心の1匹だった。
第3ラウンドは3匹で、なんとかツは抜けた。アマゴは50匹以上釣っているのに効率が悪すぎる。ブドウ虫も3パック使い切った。
どうにもならない。とにかく纏まった雨が欲しい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ed081485.blog.fc2.com/tb.php/112-affab955

 | ホーム |