大芦川と鬼怒川の探釣

4月5日、大芦川と鬼怒川に釣行した。大芦川は県内屈指の渓流釣り場と言われている。殆どの河川がニジマスの放流量を増やしているに対し、ここはヤマメのみ。また、渓流本来の石の効いた美しい流れをしている。それだけ釣り人も多い。解禁4日目だが、絶え間なくいる。6時頃、若田屋商店というところで年券を購入。状況を尋ねると水量は3分の1位。それでも20~30匹釣っている人もいたとのこと。釣れ残りが多いとの話。まずは上流へ向かい川虫を捕る。黒川多く本命のキンパクは少ない。
IMGP2643.jpg
タックルは竿5m、道糸通し0.2号、ハリ7号、オモリは流れに合わせ調整。準備をしている間にも横を通り抜けていく。仕方なく細かいポイントを探っていく。
IMGP2645.jpg
やっと15cm位の天然ものが釣れた。
IMGP2644.jpg
しつこく流してやっと釣れた。たぶん、朝から数名がやった後であろう。1時間ほどで見切りをつけ、最下流へと向かう。
IMGP2646.jpg
この辺は成魚放流していない。入渓点でヤマメを処理している釣り人にあった。聞けば朝から上流に入渓して26匹釣ったとの話。かなりの名人とお見受けし、餌、タックル、釣り方など教えてもらい、この辺の状況を尋ねると、居るには居るがカワウに追われて出てこない。魚影は薄いとのこと。確かに誰も入渓した形跡はない。1級ポイントのみ攻めていく。
IMGP2647.jpg
やっと30分位して瀬の流心から5寸弱のきれいなヒレピンが来た。
IMGP2648.jpg
続いて釣れたのは、盛期を思わせる23cmの体高のあるオス。求めていたやつに出会えた。
IMGP2649.jpg
枝の張り出した仕掛けの入れにくい深みからだった。
IMGP2650.jpg
しかし、流れがフラットなためポイントが少ない。風も出てきてゼロ釣法では対処しにくくなり、第二ラウンド終了。計3匹にて大芦川後にし、一路鬼怒川の氏家大橋に向かう。
IMGP2651.jpg
よい流れは見当たらないので、一つづつ上流の橋を見ていく。好みの流れがあったので、黒川虫を捕りやってみる。竿は85-80、0.4号通し、ハリは8号、オモリは流れにより使い分け。1時間ほどやってもあたりすらない。移動することに。
IMGP2653.jpg
上流の堰まで来てしまった。時間的にここが最後。
IMGP2654.jpg
釣れたのは望外な6寸程度のニジマス。堰上のプールを見ると鵜の大群が頑張っている。大ヤマメの道は険しいと感じた。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ed081485.blog.fc2.com/tb.php/127-42ec0390

 | ホーム |