雨後の釣り

5月5~6日纏まった雨となった。7日は日曜日、今の小生にとってタイミングは良くないが増水の引き際を狙って釣行することにした。
時刻は4時半、日光の大谷川に架かる橋の上から見ると泥濁り、大芦川に転進することにした。2つ峠を越え大芦川に着くと増水はしているものの全く濁りはない。川虫でないと厳しいと思い、ピンチョロを捕りに下流へ向かう。しかし、増水の影響で思うように捕れない。キジで勝負するしかない。増水で渡渉もやっとな最下流部に入渓。タックルは75-70のゼロ竿、通し仕掛け0.3号、ハリは餌に合わせ7号を選択。第1投は7時近かった。
IMGP2836.jpg
オモリをBまで上げ、流心をゆっくり流していると抑え込むような当たり。上竿にしてやり取りし、タモで救う。
IMGP2834.jpg
尾びれの美しい27㎝の良型。幸先が良い。
しかし、その後はあたりがなく。1時間ほどで第1ラウンド終了。第2ラウンドは、道路から離れているポイントを探る。
IMGP2838.jpg
良いポイントがあるが、あたりが遠い。やっと上部に木が張り出しているポイントで当たりがあった。
IMGP2837.jpg
引き抜いてタモでキャッチ。7寸級のヤマメ。
IMGP2841.jpg
水深のある石の効いたポイント。
IMGP2840.jpg
これも尾のキレイな7寸級。
しかし、木っ端サイズが全く釣れない。魚影薄いとしか言いようがない。
IMGP2843.jpg
堰堤下で粘って3匹追加。大型は来なかった。
IMGP2845.jpg
第2ラウンドは、5匹だった。
IMGP2842.jpg
渓から上がるとミツバチの巣箱があった。自然の豊かな田舎暮らしが息づいている。
IMGP2846.jpg
第3ラウンドはさらに上流部の深場を狙う。
IMGP2847.jpg
8寸弱のイワナが来た。もう昼近い。減水してきたせいか、当たりがあってもハリに乗らない。川虫も捕れないので仕方なく納竿とした。
IMGP2848.jpg
藤の花が満開。ここは山里。自宅周辺より2週間は季節が遅い。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ed081485.blog.fc2.com/tb.php/134-762cf778

 | ホーム |