会津大川に尺ヤマメを求めて

ダイワが発刊しているDVDの中に「釣れる!」新・渓流釣り5というのがある。この中の「本流大物」のロケ地が会津大川だ。季節も今頃の様。20日から一泊で釣行した。自宅から200km弱といったところ。5時半に入漁券を扱っている川端という食堂に到着した。ご主人は釣り場に精通しており、このロケの案内役だったとのこと。人柄も素晴らしく、釣り場にまで来て熊対策の花火まで打ち上げてくれた。”名釣り場に名ガイドあり”日高川の松阪食堂の松阪氏、犀川殖産の松木監視員、そして当地川端食堂の青山氏とお客さんに何とか楽しんで帰ってもらおうという心意気に打たれた。
IMGP2920.jpg
入渓した地点はまさしく山紫水明の地。大河の様相で人工物は何も見えない。
黒川虫を捕り、瀬を中心に釣ることにする。タックルは9-9.5のHタイプ、0.6号の通し仕掛け。ハリは8号。オモリは流れに合わせ都度調整していく。
IMGP2928.jpg
しかし、期待とは裏腹にニジマスが来る。型は7寸~尺位までで自然繁殖したものだろう。ヒレピンでよく引いて楽しませてくれた。
IMGP2922.jpg
岸よりはノロが付いていて歩きにくい。またちょっと緩いところを流せば、仕掛けにこれが付いて始末が悪い。
IMGP2933.jpg
やっと尺オーバーのヤマメがきた。腹部にまだら模様の斑点がある独特の姿をしている。
IMGP2934.jpg
長い瀬の流心できた。本来なら複数匹してよさそうなポイントだが・・・。
第1ラウンドは、10時半まで釣ってニジマス4匹、ヤマメ1匹だった。
川端食堂に戻り報告をしていると朝お会いした方(釣り雑誌等で高名なイラストレーターの内田氏)がいらっしゃった。昼食後釣り支度をしながら色々お話しすることが出来た。氏のバイタリティーに感心するとともに経歴やファッションセンスなど興味深い話ばかりだった。
IMGP2944.jpg
翌日も同様のポイントを攻めたが、結果はニジマスのみだった。
IMGP2946.jpg
熊に対してノー天気だったが今回の釣行では、地元に方に心配をかけてしまった。
IMGP2948.jpg
内田氏の案内役であったフライフィッシャーの上高氏には鈴をいただいた。また、川であったルアーマンの渡辺氏には専用花火をいただいた。改めてこの場をお借りしてお礼を申し上げます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ed081485.blog.fc2.com/tb.php/138-b8af632c

 | ホーム |