生と死 先輩白石氏の軌跡

小生が生死を彷徨っていた時、先輩は亡くなられた。先輩とは白石勝彦氏で小生の釣り人生に最も影響を与えた人だった。右にリンクがあるが、「ミネルバのフクロウ」とは先輩のブログである.。
小生が先輩と初めて会ったのは、大学1年生の昭和45年7月釣り部の部室だった。夏合宿をどこにするか検討している時だった。
大学の博士課程に在籍していて10歳年上だった。2万5千分の1の地図を取り出し、八久和川に下から入るという。部員の誰もが驚いた。釣り人にとって人跡未踏の渓谷であった。その釣行記録は月間「つりマガジン」に発表され、その名を全国に知らしめた。
その記録触発され、大学2年の夏、奇しくもシルバーライン開通の日、小生と同期のkと黒又川赤柴沢にアタックし、大イワナを釣り上げ、学釣連にその存在を示した。
IMGP3005.jpg
50cm前後のイワナを2匹釣り上げた。
IMGP3006.jpg
大イワナの滝壺。後々、白石先輩も何度どなく釣行している。
先輩と初めて同行したのは、昭和47年、西大鳥川支流枡形川。非常に険しい峪だった。
IMGP2998.jpg
ゴルジュを突破して上流へと向かう。
IMGP2997.jpg
滝の連続するポイントを釣る
IMGP2996.jpg
左が小生、中央が白石氏。
そして、昭和48年夏、北海道静内川、コイボクシュンビチャリ川へ釣行した。
IMGP2993.jpg
当時のメンバーは4名。
IMGP2994.jpg
尺前後のイワナを焼き干しているところ。
この時の記録は、「大イワナの滝壺」として昭和源流釣行記の名作として有名。2014年に山と渓谷社から復刻版が出た。
卒業してからは疎遠になったが、昭和52年5月の連休に玉川支流、大深沢に同行した。イワナの楽園を開拓した。
IMGP3002.jpg
その後、寸又川と逆河内に行ったが、時間的余裕と体力も落ち同行はあきらめた。
漸く、小生もリタイヤし関東へ戻り、氏との同行を楽しみにしていたのだが、その思いも実現できなくなった。残念で仕方がない。
氏の著作品を紹介して、その功績を偲びたい。
IMGP3009.jpg
初期の釣行記録、小生はW君、渡辺君と紹介されている。
IMGP3007.jpg
豊富な経験に裏打ちされた渓流釣りの解説書。
IMGP3008.jpg
イワナの研究についても、第一人者であった。TV番組11PMのフィッシングで北極圏のイワナ探索を行った。
IMGP3011.jpg
2000年に出版された本流釣りの教本。
IMGP2999.jpg
テンダー魚籠を下げた氏の後ろ姿。氏の功績に敬意を表し、合掌。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ed081485.blog.fc2.com/tb.php/142-4c1d7bfb

 | ホーム |