リハビリ釣行 大谷川

9月12日、術後の経過もまずまずなので2か月ぶりに釣行することにした。体に負担の少ないフラットな流れで夏場でも水温の低い日光を流れる大谷川の決め、小雨模様の大谷橋下に8時ごろに着いた。先行者が居たので挨拶し状況を確認する。堰堤下で何匹か釣れた様子。
IMGP3037.jpg
上流へ釣り上っていくというので、下流へと向かう。
IMGP3036.jpg
流速の有る瀬をオモリを調整しゆっくりと流すと当たりが出た。
IMGP3038.jpg
20㎝位のヒレピンの綺麗なヤマメだった。しかし、それっきりで後が続かない。見切りをつけ移動することに。
IMGP3039.jpg
1つ上流の橋のたもとから入渓し、堰堤下を狙う。砂で埋まっており駆け上がりには石がない。
IMGP3040.jpg
これも20㎝位の尾びれの大きい綺麗なヤマメ。
IMGP3041.jpg
その後1時間ほどかけて丁寧に探り5匹ほど釣り上げた。よく釣られているのだろう。8寸以上のやつは来なかった。
IMGP3045.jpg
下流の荒瀬を狙って釣り下る。緩流帯をオモリを調整し流していくも小型が多い。竿抜けポイントなのだが・・・。
IMGP3042.jpg
初めて成魚放流の7寸くらいのヤマメが釣れた。
IMGP3043.jpg
鉄橋の下だった。丁寧に狙うと8寸級のギンゲタイプも含め2匹追加できた。
IMGP3044.jpg
まだ昼前だがかなり疲れてきた。魚籠を見るとツ抜けしたので納竿することにした。
入院期間中のことを思うとこうしてまた釣りができることに感謝したい。
しかし、禁漁まで後1週間足らず、もう1回は釣行したい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ed081485.blog.fc2.com/tb.php/144-fccd07cd

 | ホーム |