鬼怒川温泉本流と川治温泉C&R区間

鬼怒川水系の上流部を管轄するおじか・きぬ漁協は、ニジマスは10月末まで釣ることができる。また、川治温泉地区にはニジマス・ヤマメ・イワナを放流したC&R区間がありこちらも10月末までOKなので、一般渓流がシーズンオフとなった今うれしい話である。
天候が崩れる前にと12日釣行した。途中大谷川に寄って黒川虫を探したが駄目だった。本流の入渓点に到着してみるとかなりの渇水。ミミズとブドウ虫では厳しそう。
IMGP3097.jpg
案の定あたりがない。釣れそうな感じがしないので1時間ちょっとであきらめ、川治温泉区間へと移動する。
ここは、五十里ダムからの流れと川治ダムからの流れがあり合流点は小網ダムのバックウォーターになっている。現在五十里ダムの土砂排出のため放水しており、ダムからの流れは泥濁りであった。そこで川治ダム側の流れに釣り場を求めたが入渓者が複数居て良い場所には入れなかった。仕方なく五十里ダム側の泥濁りの中を釣ることにした。入渓点に降りると支流を引き込んだ流れがあり濁りがなく魚影も見える。
IMGP3101.jpg
まずはドライフライでやるといきなり飛びついてきた。
IMGP3100.jpg
5寸位のニジマスだった。しかし、すぐ反応しなくなったのでワームに替えた。
IMGP3099.jpg
当たりがあってもなかなかフッキングせず、やっと釣れた。20㎝弱のニジマスだった。
IMGP3103.jpg
当たりも途切れたので、濁りのきつい本流を釣る。黄緑色のワームに極小ガン玉とマーカーをつけヘチの緩流帯を狙う。
IMGP3102.jpg
数回バラしたのちやっと8寸位のやつを取り込んだ。
IMGP3104.jpg
大型も来るのだが、すべてフックアウトしてしまった。これも8寸級だった。何故バラシが多いのか1つ1つ検証してみないと上達しない。テンカラはまだまだ課題が多い。
IMGP3105.jpg
禁漁期間だが9寸級の天然イワナが釣れた。魚影は極めて濃いのが分かったので禁漁前に2~3回来てみたい。
帰りにアユの簗場に寄り遅い食事を取った。IMG_0196.jpg
炭火でじゅっくりと焼いた天然の子持ちアユを一口食べた時、50年前にタイムスリップ。子供ころ中学生だった兄がコロガシで取ってきた瀬付アユを思い出した。
IMG_0198.jpg
往年の面影はないが、今日も簗には8級の子持ちアユが多数上がっていた。店の主人の話では2年前の洪水以降ヤマメも激減したとのこと。漁協には卵放流や稚魚放流など力を入れてもらいたいものだ。大ヤマメの名河川の復活を望まずにはいられない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ed081485.blog.fc2.com/tb.php/147-828143d8

 | ホーム |