うらたんざわ渓流釣り場

11月8日、旧友に誘われ、うらたんざわ渓流釣り場へ釣行した。ここは相模川の最上流部、神奈川県の丹沢山塊に位置する管理釣り場。特徴は、通年できるフライとテンカラだけのヤマメを主にした自然渓流のC&Rである。
IMGP3179.jpg
またニジマスを主にしたルアーもOKで10匹まで持ち帰りできる箱型のエリアもあり、この両方ができるという点にある。
IMGP3171.jpg
紅葉まっ盛りだった。
IMGP3197.jpg
天候は曇り時々雨、そのうえかなり風があった。
IMGP3198.jpg
水量は普段の3倍あるとの話で条件的には水面上を狙う釣りには最悪だった。
IMGP3170.jpg
テンカラではマーカーやウエイトは禁止なので、風がある中では難しい釣りを強いられた。毛鉤で水面下を狙うとすぐ反応があった。
IMGP3172.jpg
明らかに成魚放流と分かる8寸位のニジマス。箱型エリアで10匹ほど釣ったので上流部の自然渓流エリアへと向かう。
IMGP3177.jpg
河川の大きさは4mのテンカラ竿で釣るのに適している。人工物も見当たらず、紅葉の中釣り上がるのは気持ちが良い。
IMGP3174.jpg
ニジマスは放してないという。自然繁殖だろう。魚体は下流のものとは比べようもないほど良い。
IMGP3178.jpg
7寸から8寸位が次々とヒットする。しかし本命のヤマメは来ない。
IMGP3181.jpg
段々となったたるみを狙うと大きな影が動いた。空かさず合わせると動かない。大物だ!テンカラでは仕掛けが竿より2m位長いのでラインを持って取り込むことになる。十分に弱らせないとバレル原因となる。10分近くテンションを掛け弱らせて、両手を使ってタモに取り込む。
IMGP3203.jpg
鼻の尖った幅広で美しいキズ一つない完璧な魚体のオス。実測すると54cmあった。おそらく増水で淵の中から出てきたのだろう。
IMGP3186.jpg
しばらく釣り上ると堰堤に行きついた。エリアはここまで。
IMGP3188.jpg
渕尻には婚姻色を纏った大ヤマメや大イワナが群れている。毛鉤を流しても見向きもしない。産卵活動に入ったら餌を食わないのは定説。10月中旬頃までなら毛鉤を追うかもしれない。来年は婚姻色の出た40cm級のヤマメを釣ってみたい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ed081485.blog.fc2.com/tb.php/151-bb488288

 | ホーム |