川虫の威力その2

前回の釣行から2週間経ち、川虫が羽化してしまって、まだ捕れるか心配だったがダメ元で行くことにした。
現地に4時半頃着いたが、もう目印が見えるほど明るい。急いで支度して川虫捕りにかかる。
前回より10cm位増水しているが、虫が泳いでいるのがよく見える。前回より更に効率よく採取出来た。結局釣り場に立ったのは 6時ちょうどだった。
平水に戻り前回より15cmほど水位が高い。その影響でポイントの選定も変わったし、放流魚もかなり釣りきられたように思えた。連続で釣れるという訳にはいかない。釣り難そうな護岸よりの小さなポイントでイワナがきた。前回ばらしたやつだろうか。24cm位で思ったより小さい。
IMGP0586.jpg
一級ポイントでは、当たりすらない。ちょっと底を流すとハヤがきてしまう。竿抜けの場所をこまめに探らないと釣果は伸びそうにない。結果第一ラウンドは、20匹で半分はヒレピンの天然ものだった。
IMGP0588.jpg
第2ラウンドはハヤの来ない上流部へと移動。ここは道路からかなり離れている場所で人工物が何も見えない。
IMGP0590.jpg
新緑真っ盛りですがすがしい。
IMGP0589.jpg

渓相は抜群なのだが、如何せんあたりがない。上流からルアーマンが降りてきた。どおりで釣れないわけだ。1時間ちょっと時間を無駄にした。入ってすぐ1匹釣れたのが判断を遅らせてしまった。
IMGP0593.jpg
第3ラウンドは、道路沿いに流れる場所を選択。日も高くなったのでハリス0・15、ハリ4号、オモリ4号に落とす。さすがにあたりも多くなったがバラシも多い。それでも天然ものを含め10匹の釣果だった。
IMGP0591.jpg

IMGP0592.jpg
今日は風もなく、餌もまだまだあるが、夕方用事もあるので12時で納竿とした。結果31匹で終わった。次は梅雨の時期になるかもしれない。季節の移ろいは思っている以上に早い。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ed081485.blog.fc2.com/tb.php/39-e9a2715f

 | ホーム |