野迫川釣行 台風の後

16日、台風の豪雨で600ミリを超えた後の野迫川へ釣行した。細かい雨が降り続いている。レインジャケット着てみたが蒸し暑いので着脱式の袖だけ外した。水況は、20cm増水でささ濁り。釣りの条件としては申し分ない。しかし、降り口が土砂崩れしていたり、川の流れが変わっていたりしている。ここは片側護岸された樋のような流で過去放流された魚はかなり流されたかもしれない。
IMGP0739.jpg
案の定、釣始めても前回、前々回のようには一投一匹とはいかないし、型も総じて小さい。結果魚籠一杯になるのに9時近くまでかかった。
IMGP0737.jpg
一息入れて魚を捌くと50匹だった。
第2ラウンドは、上流の淵を中心に瀬の緩流帯を狙う。魚影が薄くなっている。型はそこそこだが数が伸びない。
魚籠一杯になるまで12時近くまでかかった。魚を捌くと42匹だった。
IMGP0742.jpg

第3ラウンドは、車で上流へ移動し50m近くの崖を降りる。雨でぬかるんでおり神経を使う。降りた所は、淵と瀬の連続で渓相はなかなか良い。
IMGP0744.jpg
対岸に渉ると足跡もなくなり、頻繁に当たりがあり、しかも釣れる魚はヒレピンで型揃い。増水していなければこうはいかないだろう。
IMGP0743.jpg
しばらく釣り上ると大きな淵に出会った。通らずとなっており今日はここまでとした。
IMGP0746.jpg
釣った魚を処理すると16匹だった。登り口が崩れており藪を強引に登って道路に出た。もう2時半を過ぎていた。
IMGP0745.jpg
野迫川は8月一杯で禁漁となる。他の河川と比較しての話だが、条件が良ければもう一回来たいと思っている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ed081485.blog.fc2.com/tb.php/50-a3837cb7

 | ホーム |