上北山川にノボリを求めて

24日、上北山川にノボリを求めて釣行した。台風がさって2週間が経つ。13日に来た時に比べ20~30cm減水してる。監視員の話ではこれが平水だとの話である。前回渡渉できずに竿を出せなかったポイントに朝一で向かう。8.5mの竿で0.4号の通し仕掛を用意してきたが、ちょっとヘビー過ぎるような気がする。かなり粘ってみたが釣れたのはウグイとオイカワのみ。ここを諦め上流へ移動。瀬の深みを攻める。
IMGP0748.jpg
すると20cm級のヒレピンの美しいアマゴが釣れた。
IMGP0747.jpg
しかし、今日はこんなのを狙っているわけではない。瀬は飛ばし、落ち込みの深みをしつこく攻めると鋭い当たりが出た。
合わせると重量感ある手ごたえ。慎重に寄せるとアマゴのようでもあるしサツキにも近い。実測すると27.5cm。
IMGP0752.jpg
これより上流をみると釣人がいる。
IMGP0755.jpg
第1ラウンドはこれにて終了。2匹しか釣れてない。
下流をみにいくが、よさそうなポイントはない。しかたなく堰堤下へ行ってみると釣り人が上がってくるところだった。友バックに5匹ほどアマゴが入っていた。うち1匹は30cm弱だた、戻りサツキだと言っている。話からするとかなりよく来ているようだ。
後を釣ったが、堰堤下はハヤしか釣れなかった。
IMGP0758.jpg
第2ラウンドは、小型1匹で終わる。
IMGP0757.jpg
第3ラウンドは、小橡川へと移動。おだやかな流れなので川遊びの人と鮎釣りの人が多い。この川はカワムツが多い。尺近いハヤも来る。アマゴはたまに木っ端がくる程度。やっと26cm級を1匹上げる。踏み後もしっかりとあり、かなりよく釣られているとみた。鮎を沢山放流しており鮎の川と言ってよさそうだ。
IMGP0763.jpg
今後の事を考え、小橡川の上流部からバックウォーターまでくまなく見て回った。ほぼ全容が掴めた。ノボリを求めて通う人も多いようだ。。釣れないから熱くなる。来年は、本腰を入れてみたい。サツキ熱に冒されたようだ。IMGP0765.jpg
アマゴを食べながら、来年に思いを寄せた。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ed081485.blog.fc2.com/tb.php/51-b21d0bc7

 | ホーム |