一番高価な釣道具

釣道具の中で一番高いのは車である。渓流釣りの場合、ロングドライブと悪路走破性の両方が求められる。そんな関係でスバルの四駆を愛用してきた。レガシィーツーリングワゴン、グランドワゴン、そしてアウトバックと乗り継いできた。
IMGP0921.jpg
3.0R L.L.Bean EDITIONという特別仕様車で色はダークグリーンである。
IMGP0924.jpg
3千CCの水平対向6気筒エンジンである。山道の運転でもパワー面でストレスを感じたこともない。またパドルシフトも軽快に走れて気に入っている。しかし、もう8年近く乗っていているのでそろそろ買い替え時期といえる。
そこでモデルチェンジとなったアウトバックの試乗会に出かけた。
IMGP0917.jpg
一目見て車高が上がっているのがわかる。
IMGP0920.jpg
全体的に大きくなっている。大きくなった分、後部座席の足元に余裕が出来た。しかし、山道でのすれ違いを考えると車幅が大きくなったのは考え物である。林道ではとり廻しを考えると小さな車体が優位、事実林業関係には軽トラが多い。
IMGP0913.jpg
計器類の扱いはさほど大きな変化はなく問題なさそうだ。
IMGP0916.jpg
パワーリアゲートは欲しかった機能。釣りから上がってきたとき触らずに開けられる。またハンガーが下げられるのも嬉しい。
IMGP0912.jpg
インパネはデジタル化が更に進んでいる。そして何よりもアイサイトという安全制御装置の進化がすごい。
人の操作誤りをアシストしてくれる。ロボットに近づいていくのが解る。
試乗してみた感じでは、加速はいま乗っている車にはかなわない。ゴーという音も気になった。4気筒と6気筒の違いもあるし、車重が増え、馬力は75PSダウンしているので致し方ないところ。しかし、燃費が良くなっているのは助かる。1か月千キロ位乗っているので7~8千円節約となる。いづれにせよ、来年の車検時には検討したいと考えている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ed081485.blog.fc2.com/tb.php/57-9420cbb4

 | ホーム |