天川源流

26日5時、吉野川の某所に到着、さっそく川虫捕りにかかる。浅場にうじゃうじゃいるのが見える。1回掬うと2~30匹捕れるが如何せんまだ小さい。これでは3号のハリでないと合わない。出来るだけ大き目の物を選びたいが、めんどうなので皆纏めて餌箱に入れる。10分もかからずに2つの餌箱が一杯になった。
途中寄り道したため天川のポイントに降り立ったのは7時近かった。ハリス0.2号に5号のハリを結ぶ。ピンチョロは2匹掛けする。一投目からいきなり来た。
IMGP1160.jpg
ヒレピンである。19日の成魚放流ものではない。しかし連続という訳にはいかない。下流のかけ上がりを狙うとひったくるようなあたり。川虫は勝負が早い。
IMGP1163.jpg
これは成魚放流もの。
IMGP1161.jpg
かなりよい瀬でも1匹しか釣れない。追加放流から1週間たっているので殆ど釣りきられているようだ。IMGP1164.jpg
第1ラウンドは、10匹だった。
IMGP1166.jpg
今日は快晴。朝は3度だったがもう20度あるかも。ピンクの八重さくらが青空に映え美しい。季節の移ろいは早い。第2ラウンドは、ダムより上流へと向かう。駐車スペースには車が一杯でなかなか止められるところがない。かなり上流へと来てしまった。
IMGP1167.jpg
ここは川底が花崗岩で美しいがポイントは限られてくる。頭上を木々が生い茂っていてやりにくい。イワナが出たが2匹とも引き抜き時にばらしてしまった。先を急ぐと先行者が見えたので仕方なく別の沢に移動。
IMGP1168.jpg
ここは頭上も開けていて素晴らしいポイントが続く。しかし、釣れたのは手のひらサイズ。
IMGP1169.jpg
今日も何人かに攻められているのだろう。かなり場荒れしているようだ。一雨来ないと魚籠に入るようなサイズは釣れそうな気がしない。風も出てきて集中力もきれたので納竿とした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ed081485.blog.fc2.com/tb.php/70-d3ec2360

 | ホーム |