上北山川の6目釣り

6月21日、ここ数日雨模様なので増水でのダム差しを期待して上北山川の本流釣りに出かけた。まずは最下流、つまりバックウォータからスタートした。タックルは、竿8.5m、道糸通し仕掛0・4号、ハリは9号、ガン玉2Bを選択。釣始めるといきなり釣れた。
IMGP1233.jpg
なかなか強い引きで口が大きい魚、30cm級のハスである。紀伊半島の渓流で30年近く釣りをしているが初めてであった。
IMGP1234.jpg
こんな深瀬の流芯から釣れた。続いてすぐ尺近いウグイ(ハヤ)が釣れた。ハヤはどこでもよく釣れる。
IMGP1235.jpg
次に釣れたのは、40cm級のニゴイ。寄せるのにかなり時間を要した。
IMGP1236.jpg
こんなポイントなら初めにダム差しが来て良いものだが、少々勝手が違ってがっかりする。まだ時期的に早いのだろう。
上流へと場所を移動する。
IMGP1241.jpg
これも紀伊半島の渓流では良く釣れるカワムツである。関東の渓流では釣ったことがなかった。オイカワ(関東ではヤマベ)も良く釣れる。こうなっては仕方がないので支流へと移動した。
IMGP1245.jpg
いきなり綺麗な天然アマゴが釣れた。少しは期待できそうなので釣り上ることにした。
IMGP1249.jpg
水深のあるポイントでは必ずあたりがあり、釣れる。
IMGP1248.jpg
しかし、あまり大きいのは釣れない。結構人が入っているようだ。
IMGP1251.jpg
20cm級が釣れた。これが大きい方である。
IMGP1254.jpg
これも20cm級。そろそろ餌のミミズも大きいのが居なくなり納竿タイムとなった。
IMGP1255.jpg
結果アマゴは15匹だった。本流では5種類の魚を釣ったが時間と餌を費やしてしまった。致し方ない。また増水後を狙って釣行したいが、休日とタイミングがあうかどうかが問題。幸運を祈るしかない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ed081485.blog.fc2.com/tb.php/75-94173891

 | ホーム |