秋雨釣行

久方ぶりの天川釣行。季節は進んで朝方の気温は16度、そのうえ秋雨なので肌寒い。
上流部の入渓予定点には釣り人が準備中だった。仕方なく下流のつり橋から入渓する。
頻繁にアタリがあるが木っ端ばかり。高価なブドウ虫の消費が激しい。
IMGP1416.jpg
やっと15cm級が釣れた。
IMGP1415.jpg
こんな1級ポイントでこれだと期待が出来ない。入渓しやすいところなので場荒れも激しい。
第1ラウンドはこれで終了した。
IMGP1417.jpg
第2ラウンドは、道路からかなり離れている場所を選択。水量はかなり多めである。渡渉がちょっと心配。
IMGP1418.jpg
8寸級の太った天然ものが来た。婚姻色が薄っすらと出てきている。秋を感じる1匹だ。
IMGP1419.jpg
瀬の流芯から流し駆け上がりのところで来た。盛期とは明らかに違う。子が大分大きくなってきたので早い流れには留まれないのだろう。
IMGP1421.jpg
これはまだ盛期の姿。尾がきれいなのが印象的。
IMGP1422.jpg
途中沢山のとちのみが落ちていた。山も秋になってきている。この辺の人は栃餅も作る。村の物産コーナーで販売していたのを思い出した。
IMGP1425.jpg
これも8寸級だが、同じように婚姻色が出てきている。
IMGP1424.jpg
駆け上がりの緩やかな流れより出た。
IMGP1426.jpg
かなり降ってきた。増水すると渡渉できなくなるので納竿することにした。無理は禁物だ。
第3ラウンドは、支流の目指す。
IMGP1427.jpg
22~23cmの幅広である。
IMGP1428.jpg
こんな淵から出た。まだ魚が見えるがすれているのかこの1匹で終わりだった。
ますます雨が強くなるので、本日はこれにて納竿とした。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://ed081485.blog.fc2.com/tb.php/82-6000709f

 | ホーム |