”ネイティブトラウトフェスタ in 鬼怒川” の2日後

5月20日、鬼怒川上平において”ネイティブトラウトフェスタin鬼怒川”と銘打ってルアーメーカーなどのインストラクションが開催された。同時に20日~27日まで特別釣り場が設定されヤマメ、サクラマス、ニジマスが放流された。鬼怒川漁協のHPを見るとかなり盛況だったようだ。20日は上州屋のテンカラ教室に参加したのでので22日の追加放流に合わせ出かけてみた。
IMGP4044.jpg
6時半頃到着すると釣り人の車は1台しかなかった。放流も2箇所あっという間に終わり、開始の7時となった。
IMGP4040.jpg
川幅は25~30m位だろうか。上流側の放流地点にルアーマンが2名。
IMGP4041.jpg
同じく下流側の放流地点に2名のルアーマンがいた。つまり開始時点では小生を含めて5名だった。これなら楽勝と思えたがそうはいかなかった。
IMGP4042.jpg
川幅と流速を考え、タックルは7.1f、ライン7ポンド、スプーン4.8gでダウンクロスで攻め続ける。30分位してやっとヒット。25cm位のヤマメだった。続けてヒットしてもよさそうなものだが、管理の大きな池に僅かな魚がいるようなもの。ルアーローテーションを図り40cm位のサクラマスをヒットしたが取り込みでバラス。こうそうしているうちに釣り人が増え、立ち込む人が出てきた。こうなると更にあたりは遠のく。昼は食事後昼寝をして2時間以上休息をとり、2時過ぎに再開。下流側に立ち込みながらダウンクロスで攻め続けるがあたりはない。テトラがあってもうこれ以上下がれないところまで来た。納竿しようかと思ったが、ネイティブを意識してシンキングミノー7cmアユカラーで釣り下ってきたところをアップクロスに攻めてみる。
IMGP4047.jpg
するとどうだろう、トゥイッチを掛けるとすぐにバイトがあった。
IMGP4046.jpg
慎重に取り込むと36cm位のニジマスだった。次のポイントでも同型がヒットしたがまたしてもバラシてしまった。結局2匹しか友船には入らなかったが、アップクロスが釣り方を習得できたのは大きかった。本流でネイティブトラウトを釣り上げるまで餌釣りは封印して頑張るしかない。

上州屋主催テンカラ教室

5月20日東荒川で上州屋主催のテンカラ教室が開催され参加した。テンカラは、禁漁期間中野迫川のアマゴ管理釣り場で数回やった程度。餌釣り・ルアー・テンカラと三刀流なるので今後も続けるかどうか迷っていた。講師となる上州屋スタッフの話を聞いて見極めたいと思った。
IMGP4028.jpg
参加者14名。内10名近くは初めてとのこと。
IMGP4022.jpg
開会式が始まる頃、鬼怒川漁協の放流車がやってきた。放流があることは事前に知らされてなかった。初心者に釣れるはずがないと思ったが漁協に交渉して段取りしたのだろう。さすが上州屋!
IMGP4027.jpg
放流には上州屋スタッフもお手伝い。
IMGP4024.jpg
ヤマメ主体だがニジマスも居た。大きいのも混じっている。
IMGP4029.jpg
始めに講師からタックル・釣り場・釣り方など説明を受けた後、スタンダードな仕掛けで実釣。さすがにうまい。
IMGP4031.jpg
白河店の吉野氏、7mのロングラインを操る。
IMGP4034.jpg
逆さ毛鉤で誘いをかける。
IMGP4035.jpg
程なくヒット!上州屋釣り情報で本流餌釣り実力は知っていたが本流テンカラも相当なもの。
IMGP4039.jpg
講師の指導を受けながら各人釣り開始。小生も竿の振り方の指導を受けると見る間に上達!
IMGP4036.jpg
型は小さかったがテンカラで釣った初めてのヤマメ。その後大型もヒットしたが取り込み前にバレてしまった。
IMGP4037.jpg
午後は毛鉤の作り方を習う。材料と道具を揃えればさほど難しくはないと分かる。
IMGP4038.jpg
ものの10分程度で逆さ毛鉤が完成。
今回参加してフライとテンカラの違いがよく理解出来た。ある程度釣れる自信がついたのは収穫だった。

鬼怒川に鬼ヤマメを求めて

5月連休明け、鬼怒川中流域でヤマメの釣果が聞かれるようになったので数時間の釣りが多いが10回近く釣行した。
IMGP3995.jpg
小堰堤の有るメジャーなポイント。バス狙いがいつも数名居る。夕方2回、早朝1回攻めた。
IMGP3997.jpg
大きな長いトロ場の釣り場。鯉のぶっこみ釣りの人がいた。夕方淵尻を攻めた。
IMGP4009.jpg
アユの友釣りの一級ポイント。午後4時過ぎに着いたら本流竿師が居た。
IMGP4010.jpg
荒瀬からトロ場へと続く流れを攻めるとアユカラーのミノー7cmでヒット。しかし途中でフックアウト。多分ヤマメと思う。
IMGP4019.jpg
上流部の有名ポイント。上流部に2名。下流部に2名のフライマンが居た。
IMG_0620.jpg
昼頃から大淵の流れ込みをスプーン8gでくまなく探る。
IMGP4012.jpg
某所で釣った釣ったニジマス。38cmだがよく引いた。現場にいた釣り人、ルアー・フライ・餌釣りの方にこちらから話しかけ色々と伺った。なかなか釣れないとのこと。それでも尺上はかなり釣られている。なかでも47cmを上げた話を聞いた。鬼ヤマメとはこのような40アップを言うそうだ。小生も何としてもルアーで40オーバーを上げたい。

連休明けの渓流

連休の翌日は雨、1日置いた5月8日雨でリセットされたことを期待して鬼怒川上流と箒川水系に釣行した。朝一は大型用に購入したランディングネットに入魂すべく実績のある大場所にエントリー。気温10度、僅かに増水。薄濁り。
IMGP3983.jpg
幸いなことにまだ先行者いない。スプーン8gでダウンクロスに攻める。数投後ヒット!
IMGP3982.jpg
30cm位の回復系のニジマス。内径42cm×28cmのネットには役不足。その後あたりもなく下流側にルアーマンが来たので場所替えすることに。続いて入渓したC&R区間では反応はあるもののヒットには至らない。連休にかなり攻められたのだろう。水量が減り流れが緩くなったのもあいまって小生のテクニックでは太刀打ちできない。特に浮いているヤマメはドライフライでないと攻略できないだろう。ここは諦めダム上流部へと移動。
IMGP3991.jpg
雨上がり、つつじの赤が新緑に映えている。もう9時近かったが付近に入渓者の車はない。
IMGP3985.jpg
僅かに増水しているが濁りは殆どない。ここはフライマンが多いので緩やかな流れはルアーに見向きもしない。瀬をスプーン4.8gでダウンクロスに攻める。
IMGP3986.jpg
ほどなく7寸級のヤマメがヒット。
IMGP3984.jpg
同じようなサイズだがギンゲぽい。
IMGP3988.jpg
やはり流れの流心についていた。
IMGP3989.jpg
尾もきれいな幅広8寸級。よく引いた。
IMGP3990.jpg
やはり瀬の中にいた。
しかし、昼に近くなっても11度と冷え込んだせいもあるのか連休前のようにはいかない。退渓し箒川へと移動。温泉街は流石に釣り人が居る。思い切って下流でノボリ・サクラマスを狙うことにする。
IMGP3992.jpg
餌釣りでは狙いにくい大淵を狙ったが不発に終わった。まだここまでは遡ってきてないのかもしれない。

おじか・きぬ C&Rと一般渓流釣行

5月1日おじかきぬ漁協管内の川治C&R、男鹿川三依C&R、更に男鹿川上流の一般渓流に釣行した。連休の谷間のせいか思ったより渋滞はなく5時前に川治温泉に到着。下流部にエントリー。気温12度。水温10.8度。前回より減水し透明度も高い。
IMGP3924.jpg
まだ他に入渓者はいない。淵尻にスプーン4.3gと投じるとすぐ反応があった。
IMGP3925.jpg
20cm強のニジマス。その後も一投ごとに釣れるが小型のニジマスばかり。まだ追いは見られるが上流へと。中間部は殆ど魚影がみられないのですぐ最上流部に移動。
IMGP3927.jpg
長い淵の中ほどにもじりがでたので集中して攻めるとヒット。
IMGP3926.jpg
ここでも小型のニジマスばかり。大型の追いがないので見切りをつけ、ダム上流の三依地区のC&Rへ。ここはヤマメのみで3日前に放流があったばかり。7時過ぎ他に誰もいないので下流部から釣り上る。
IMGP3930.jpg
落差のない瀬続きの流れ。ダウンクロスでスプーンを投げると追いがみられたがなかなかヒットしない。
IMGP3931.jpg
天然物と見まごう程綺麗なヤマメ。22~23㎝。
IMGP3932.jpg
対岸寄り淵尻でヒットした。
IMGP3934.jpg
ヒカリと思える7寸級がヒット。ダムからの遡上か?
IMGP3935.jpg
岩に挟まれた深みでヒットした。他に何匹かヒットしたが取り込み直前バレる。ハリを交換する。
IMGP3936.jpg
尾の切れ具合から放流物とわかる8寸級。
IMGP3937.jpg
長い淵の淵尻をダウンクロスで攻めるとヒットした。
IMGP3938.jpg
7寸級のメス。
IMGP3940.jpg
穏やかな流れが続く。
IMGP3941.jpg
ギンゲに近いタイプも混じる。
IMGP3943.jpg
一級ポイントで大型をヒットしたが取り込みでバレてしまった。
IMGP3944.jpg
斑紋のあざやかなヤマメ。
IMGP3949.jpg
対岸寄りのよどみには複数匹魚影がみられた。
IMGP3950.jpg
しかし、9時を過ぎると上流にも下流にも釣り人の姿が・・・。諦めて上流へ移動することにした。
IMGP3952.jpg
減水して透明度の高い流れ。岸は足跡が多い。一級ポイントではヒットしない。
IMGP3951.jpg
釣れたのは10cm位のヤマメ。まだ昼前だが今日はここまでとし納竿した。

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»