生と死 先輩白石氏の軌跡

小生が生死を彷徨っていた時、先輩は亡くなられた。先輩とは白石勝彦氏で小生の釣り人生に最も影響を与えた一人だった。サイトの右にリンクがあるが、「ミネルバのフクロウ」とは先輩のブログである.。
小生が先輩と初めて会ったのは、大学1年生の昭和45年7月釣り部の部室だった。夏合宿をどこにするか検討している時だった。
大学の博士課程に在籍していて10歳年上だった。2万5千分の1の地図を取り出し、八久和川に下から入るという。部員の誰もが驚いた。釣り人にとって未踏の渓谷であった。その釣行記録は月刊「つりマガジン」に発表され、その名を全国に知らしめた。
その記録触発され、大学2年の夏、奇しくもシルバーライン開通の日、小生と同期のkと黒又川赤柴沢にアタックし、大イワナを釣り上げ、学釣連にその存在を示した。
IMGP3005.jpg
50cm前後のイワナを2匹釣り上げた。
IMGP3006.jpg
大イワナの滝壺。後々、白石先輩も何度どなく釣行している。
先輩と初めて同行したのは、昭和47年、西大鳥川支流枡形川。非常に険しい峪だった。
IMGP2998.jpg
ゴルジュを突破して上流へと向かう。
IMGP2997.jpg
滝の連続するポイントを釣る
IMGP2996.jpg
左が小生、中央が白石氏。
そして、昭和48年夏、北海道静内川、コイボクシュンビチャリ川へ釣行した。
IMGP2993.jpg
当時のメンバーは4名。
IMGP2994.jpg
尺前後のイワナを焼き干しているところ。
この時の記録は、「大イワナの滝壺」として昭和源流釣行記の名作として有名。2014年に山と渓谷社から復刻版が出た。
卒業してからは疎遠になったが、昭和52年5月の連休に玉川支流、大深沢に同行した。イワナの楽園を開拓した。
IMGP3002.jpg
その後、寸又川と逆河内に行ったが、時間的余裕と体力も落ち同行はあきらめた。
漸く、小生もリタイヤし関東へ戻り、氏との同行を楽しみにしていたのだが、その思いも実現できなくなった。残念で仕方がない。
氏の著書を紹介して、その功績を偲びたい。
IMGP3009.jpg
初期の釣行記録、小生はW君、渡辺君と紹介されている。
IMGP3007.jpg
豊富な経験に裏打ちされた渓流釣りの解説書。
IMGP3008.jpg
イワナの研究についても、第一人者であった。TV番組11PMのフィッシングで北極圏のイワナ探索を行った。
IMGP3011.jpg
2000年に出版された本流釣りの教本。
IMGP2999.jpg
テンダー魚籠を下げた氏の後ろ姿。氏の功績に敬意を表し、合掌。

釣友との釣行の下見・・・!

大学時代からの釣友と40数年ぶりに釣行する約束をした。その下見を兼ね7月13日鬼怒川上流へと釣行した。
IMGP2981.jpg
川虫を捕るため朝一本流との合流点に向かう。水況が良いので本流差しを狙って竿を出したが、無反応だった。さらに上流へと駒を進めたが、行けば行くほど濁りがきつくなりダメだった。今日の目的の1つである情報収集と釣友の分の入漁券の確保のため、神山釣具店に足を運ぶ。この店の女将さんはブログをやっており是非お会いして話を聞きたいと思い、アポを入れておいたのだ。ダイワの笹尾テスターの写真などもあり、色々と話が盛り上がり長居してしまった。教えていただいた公園駐車場に着いたのは10時半近かった。川岸に簡単に降りられた。大型のニジマスがいるというのでタックルは90-95のHタイプ、仕掛けは0.6号通し、ハリはスーパートラウトの8号を選択、釣り開始。見るからに良さそうな淵はあたりがない。相当攻められているのだろう。それならばと岩盤の浅瀬の溝を狙っていく。
IMGP2986.jpg
当たりが出たのですかさず合わせると下流へと走りジャンプ。大きくはないがよく引いた。
IMGP2985.jpg
タモに収まったのは37㎝のピンシャンレインボー。瀬の中で釣るとなかなかスリリングで楽しませてくれた。
同じような所を流しているとまた反応があった。
IMGP2990.jpg
下流に倒木があり駆け込まれたらアウトなので少々強引にコントロール。Hタイプなので余裕をもって対応できた。
IMGP2987.jpg
38㎝の肥ったやつ。
IMGP2989.jpg
こいつもリリースした。
調子が出てきて、さあこれからというところで雷がなり豪雨となった。急いで釣りを止め、駐車場へと向かう。着替えている暇などない。急いで移動するも、視界が悪く道路も冠水していてノロノロ運転で蕎麦屋の駐車場に駆け込む。軒先で雨宿りさせてもらい。小降りになったところで着替えをして蕎麦をいただく。
IMGP2992.jpg
炊き込みご飯と掛け蕎麦のセット。ずぶ濡れですっかり冷えてしまった体に染み入る様なおいしさだった。食後竿を出せそうな場所を見て回ったがどこも泥濁りで釣りになりそうもなかったので帰路に着いた。家に近くなったところでお腹が痛くなり、自宅着くと即トイレに駆け込む。すると大量に下血した・・・!。家内に救急車を呼ぶように指示しベットに倒れ込む。20分位で救急車が到着したが更に2回下血して、ストレッチャーで運ばれるときは意識がもうろうとしていた。
その後、幾度どなく生死を彷徨い。22日間の入院を経て、自宅に戻ったのだ。入院中の18日、釣友から先輩が亡くなったとの電話があった。小生が生死を彷徨っていた時先輩も同様だったのだ・・・!!

県内河川に夏ヤマメを求めて

7月6日、夏ヤマメを求めて県内の河川を釣り歩いた。朝一向かったのは宇都宮郊外の田川。
IMGP2967.jpg
両岸ともコンクリートで渓流という雰囲気からほど遠い。しかし春先放流された残りが大型化し釣れると聞いた。水温17℃台でしかも増水しており条件としては悪くない。1時間ほど探釣したがハヤばかりでヤマメの顔は見られなかった。車に戻る途中でトウモロコシを収穫した軽トラに出会った。
IMGP2969.jpg
広いトウモロコシ畑。
IMGP2970.jpg
収穫していたご夫婦に情報収集すべく声をかけると釣り人は見ないとのこと。すぐにトウモロコシの話題となり生で食味することを勧められた。大変甘いので品種を尋ねるとミルフィーユという。直売所で1本150円で売っているのを4本500円で買うことになった。商売熱心なおばちゃんだ。
続いて大谷川に向かった。15cm程度増水している。いつもの場所ではピンチョロは捕れないので黒川虫を採取する。鬼怒川との合流点を目指すと先行者の車が3台ありあきらめる。大谷川中流域を釣ることにした。
IMGP2975.jpg
水温10℃台。川底に泥をかぶったところはない。立ち木等障害物もないのでタックルは7-7.5の竿に0.3号通し仕掛け、ハリは黒川虫が大きいので8号を選択。1時間近くあたりもなくあきらめかけた時、ついに来た。
IMGP2972.jpg
28.5cmの幅広の雄。尺には届かなかったが納得できる1匹。
IMGP2973.jpg
角度により銀ピカにみえる。しかし暑さもピークとなりペットボトルの水もなくなりかけたので第2ラウンド終了とした。
木陰となる支流を釣ることにした。
IMGP2976.jpg
道路沿いだが谷が深く慎重に遡行すると小さな滝に出くわす。対岸寄りに第1投するといきなり食ってきた。
IMGP2977.jpg
スマートな24cm位。パーマークが暗碧色をしたいかにも谷川の住人といった感じ。
しかし小型のあたりが多く餌ばかり取られる。餌がもったいないので1時間程度で終了とした。
最後に鬼怒川中流域で大ヤマメを狙うことにした。
IMGP2978.jpg
ここは、最もメジャーなポイントの1つ。竿は9-9.5、0.6号の通し仕掛け、ハリはスーパートラウト8号で挑んだがあたりがない。3時近くになると西の空が真っ暗になってきた。雷雨がきそうなので今日はこれで納竿とした。

南会津のサクラマス釣り大会

南会津漁協のHPにサクラマス釣り大会の情報があったので出かけてみた。約2kmの区間に20cm~45cmを1000kg放流。期間は7月2日から7日間、初日は餌釣りのみ、2日目からルアーフライOKとのこと。話半分としても放流量もサイズもすごい。また、餌釣りを優先する考え方も栃木県内の某漁協と違ってよい。そんなこともあって前回の釣行の帰りに下見をしてきたのだった。
6時受付開始ということだが5時前に現地へ到着した。釣り支度を始めると隣のランクルの方も釣り支度を始めた。地元のベテランとお見受けし、言葉をかけると色々と教えてくれた。小生はこの濁りなら餌はブドウ虫、仕掛けは0.4号と考えていたが、餌は筋子、マグロの切り身、サンマの短冊を用意し、仕掛けは1号とのこと。これでも10匹位釣ると切られるとの話だった。
小生も0.6号の通しに変更した。これが後々幸いした。支度して受付に向かうと100名近く並んでいる。6時近くになると200名位の人数となった。地元の方にとっても待ち遠しいイベントなのだろう。
IMGP2963.jpg
入漁券は7日間有効で3500円だった。日釣り券が1500円なのでリーズナブルと言える。
IMGP2955.jpg
見星を付けておいた本部テントからすぐの堰堤下の中州へと向かい、釣り座を確保し、合図となる花火を待つ。
IMGP2954.jpg
堰堤側から釣ると取り込みに苦労するはず。
IMGP2953.jpg
ずるする人は誰もいない。監視が行き届いているのと、県民性か?。
7時の花火の音とともにまずは目の前の緩い流れを狙う。第1投でいきなり尺オーバーがきた。2匹目も尺物。かなり強引にやり取りしたのでナノヤマメ8号のハリが伸びてしまった。
IMGP2960.jpg
すかさずスーパートラウト8号に結び替える。餌はブドウ虫で正解のようだった。小さくても25cm位あるし、ヒレの欠損もないので引きが強烈で取り込みが大変。勢い大型ほど取り逃がすことが多かった。入れ食い状態は1時間ほどで終わり、後はぼつぼつとなった。熱くなってきたのでレインジャケットを脱ぐため9時ごろに第1ラウンドを終了した。
IMGP2956.jpg
網を上げてみると4kg前後ありそうだ。数えてみると20匹だった。
IMGP2957.jpg
しかし、大きくても32~33cm止まりで他人が釣り上げた魚をみても同様だった。漁協の方にHPで載っていた45cmの話をすると今回は40cm台は居なかったとのこと。
第2ラウンドは、竿抜けを釣るべく、8-8.5の竿で流心の緩流帯をねらうことにした。濁りが更にきつくなったようなので餌が目立つように2匹付けしてみた。
IMGP2961.jpg
結果、餌切れになる11時半まで釣って10匹だった。帰り支度をしていると反対隣の車の方が帰ってきた。地元ベテランの様な方なので話しかけると、1.2号の仕様で餌も筋子を使っていた。今年は去年ほど大型は居ないと言っていた。30匹釣ったのだから立派だと褒められた。下見およびにタックルや餌など周到な準備をしてきたのが奏功したと思う。また、尺ヤマメの取り込み練習にもなったのも良かった。
IMGP2966.jpg
サクラマスは富山のマス寿司で有名だが、この養殖ものはどのような味がするのか?30cmと31cmを塩焼きにしてみた。身は確かに少しピンクがかっているが、味はヤマメと大差ないように思えた。

会津大川に尺ヤマメを求めて

ダイワが発刊しているDVDの中に「釣れる!」新・渓流釣り5というのがある。この中の「本流大物」のロケ地が会津大川だ。季節も今頃の様。20日から一泊で釣行した。自宅から200km弱といったところ。5時半に入漁券を扱っている川端という食堂に到着した。ご主人は釣り場に精通しており、このロケの案内役だったとのこと。人柄も素晴らしく、釣り場にまで来て熊対策の花火まで打ち上げてくれた。”名釣り場に名ガイドあり”日高川の松阪食堂の松阪氏、犀川殖産の松木監視員、そして当地川端食堂の青山氏とお客さんに何とか楽しんで帰ってもらおうという心意気に打たれた。
IMGP2920.jpg
入渓した地点はまさしく山紫水明の地。大河の様相で人工物は何も見えない。
黒川虫を捕り、瀬を中心に釣ることにする。タックルは9-9.5のHタイプ、0.6号の通し仕掛け。ハリは8号。オモリは流れに合わせ都度調整していく。
IMGP2928.jpg
しかし、期待とは裏腹にニジマスが来る。型は7寸~尺位までで自然繁殖したものだろう。ヒレピンでよく引いて楽しませてくれた。
IMGP2922.jpg
岸よりはノロが付いていて歩きにくい。またちょっと緩いところを流せば、仕掛けにこれが付いて始末が悪い。
IMGP2933.jpg
やっと尺オーバーのヤマメがきた。腹部にまだら模様の斑点がある独特の姿をしている。
IMGP2934.jpg
長い瀬の流心できた。本来なら複数匹してよさそうなポイントだが・・・。
第1ラウンドは、10時半まで釣ってニジマス4匹、ヤマメ1匹だった。
川端食堂に戻り報告をしていると朝お会いした方(釣り雑誌等で高名なイラストレーターの内田氏)がいらっしゃった。昼食後釣り支度をしながら色々お話しすることが出来た。氏のバイタリティーに感心するとともに経歴やファッションセンスなど興味深い話ばかりだった。
IMGP2944.jpg
翌日も同様のポイントを攻めたが、結果はニジマスのみだった。
IMGP2946.jpg
熊に対してノー天気だったが今回の釣行では、地元に方に心配をかけてしまった。
IMGP2948.jpg
内田氏の案内役であったフライフィッシャーの上高氏には鈴をいただいた。また、川であったルアーマンの渡辺氏には専用花火をいただいた。改めてこの場をお借りしてお礼を申し上げます。

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»